W05とWX04を比較!どちらもLTEオプション搭載端末の選び方は?

W05とWX04を比較新しい端末がリリースされると選択に迷っちゃいますが
2018年1月下旬より販売開始のSpeed Wi-Fi NEXT W05

2017年11月より販売がはじまっているSpeed Wi-Fi NEXT WX04
両者の違いと選ぶ時は何を基準に考えるといいの?

 

WiMAX端末W05

 

こちらがファーウェイの端末Speed Wi-Fi NEXT W05
2018年1月下旬より販売がはじまっています。

ほとんどのプロバイダで取り扱われている端末ですね。

 

ポイントとしては、東名阪エリアを中心に
下り最大708Mbpsの高速通信に対応していることです。

ハイスピードプラスエリアモードで最大708Mbpsが利用できます。
ハイスピードモードは下り最大558Mbps対応となります。

 

ただ、旧モデルのW04と比較して
それほど大きな変更点はないですね。

マイナーチェンジの端末だといっていいでしょう。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT W05のスペックなどはこちら

 

WiMAX端末WX04

 

こちらはNECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX04
国産の端末としては初のハイスピードプラスエリアモード搭載

LTEオプション(au4GLTE)も利用できる端末となりました。

東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応となります。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペックなどはこちら

 

両者とも利用できるモードが2つ搭載されていて

ハイスピード(WiMAX 2+)と
ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX 2+)

タッチパネルディスプレイが搭載されていますから
切り替え操作はスマホ感覚のタップで簡単にできます。

 

ハイスピードモードでは、ギガ放題の契約であれば
月間でのデータ容量の上限はありませんが

ただし、直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

日中は実質無制限でネット接続が利用できます。

 

ハイスピードプラスエリアモードは利用月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

ただし、あなたがauスマホユーザーで
auスマートバリュー mineが適用されている期間は無料に

あるいは、WiMAXで3年契約を結ぶと無料で使えます。

 

そして、ハイスピードプラスエリアモードを使う際に
もうひとつ知っておきたいポイントとして月7GBの通信制限

au4GLTEとWiMAX 2+の合計通信量が月に7GBを超えると
当月末まで通信速度が128kbpsに制限されます。

ギガ放題の契約でもかかる通信制限ですよ。

 

さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
ハイスピードモードに切り替えてネットに接続しても

速度に制限がかけられていますから注意が必要です。
無料にはなっても使い放題ではありません。

 

つまり、ハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超えると
すべてのモードで通信制限がかかっちゃうわけです。

 

では、W05とWX04を比較してどう選ぶ?ですが

 

W05とWX04どっち?

 

端末的にはそれほど大きな違いはないといっていいでしょう。

前述しましたが、ハイスピードプラスエリアモードは
3年契約を結ぶと1,005円/月が無料になりますから

WiMAXの契約を2年で結ぶ?あるいは3年契約を結ぶ?
ここが選ぶ時の基準になってくるでしょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04はプロバイダ各社3年契約限定
つまり、3年契約じゃないと選べない端末となっています。

 

同様に、Speed Wi-Fi NEXT W05も3年契約が前提なんですが
GMOとくとくBBでは2年契約でも選べる端末となっています。

あと、カシモWiMAXおよび3wimaxでも2年契約で選択できます。

各社でそれぞれ料金や特典が変わってきますから
W05で2年契約を検討中のあなたはチェックしておきたいですよ。

(2018年7月現在)

 

⇒ GMOとくとくBB WiMAX月割キャンペーンはこちら

⇒ GMOとくとくBB WiMAX得の極みキャンペーンはこちら

⇒ GMOとくとくBB WiMAXキャッシュバックはこちら

⇒ カシモWiMAXはこちら

⇒ 3wimax(スリーワイマックス)はこちら

 

3年契約を選ぶなら、プロバイダ各社で対応していますので
W05またはWX04どちらに決めても遜色はないといえるでしょう。

人気はW05になってるようですけどね。

 

両端末とも3年契約を結ぶと、ハイスピードプラスエリアモードの
au4GLTEが無料で使えることが特典となりますが

特にLTEオプションを使う必要のない都心部在住のユーザーや
auスマートバリュー mineが対象となるユーザーなら

「3年契約はちょっと長いな~」と思うかもわかりません。

 

そんなあなたは、2018年7月現在なら

前述したように、W05を2年契約で選択できるMVNOもありますから
端末選びのヒントにしてはいかがでしょうかね?

WX04は今のところ各社3年契約限定ですけどね。

コメントを残す