WX05とW05を比較!どちらもLTEオプション搭載端末の選び方は?

W05とWX05比較新しい端末がリリースされると選択に迷っちゃいますが
2018年11月8日より販売開始のSpeed Wi-Fi NEXT WX05

2018年1月より販売がはじまっているSpeed Wi-Fi NEXT W05
両者の違いや選ぶ時は何を基準に考えるといいの?

 

WX05

 

こちらがSpeed Wi-Fi NEXT WX05
NECプラットフォームズ製の国産端末となります。

東名阪エリアを中心に受信最大440Mbps対応

利用できるモードはハイスピード(WiMAX 2+)
ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX 2+)

LTEオプションも利用できる端末です。

 

WiMAXハイパワーに対応していて
室内での接続が改良されたことがポイントだといえるでしょう。

別売りにはなりますが専用のクレードルには
ダブルウイングアンテナが搭載されていて

こちらも室内でのネット接続が強化されていることが特長です。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT WX05のスペックや特長はこちら

 

W05

 

こちらがSpeed Wi-Fi NEXT W05
メーカーはファーウェイとなります。

東名阪エリアを中心に受信最大440Mbps対応
(一部地域より受信最大558Mbps対応)

 

利用できるモードはハイスピード(WiMAX 2+)
ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX 2+)

ハイスピードプラスエリアモードでは一部地域より
受信最大758Mbpsの高速通信に対応しています。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT W05のスペックなどはこちら

 

では、両者を比べてどう選ぶ?というポイントですが
これはね、端末の性能の違いというよりも

WiMAX 2+の契約期間の縛りをひとつ基準にしたいところ・・

 

WX05はほぼすべてのプロバイダが3年契約限定となっています。
3年縛りの契約で選択できる端末というわけですね。

3年契約を結ぶと、ハイスピードプラスエリアモードを
使用したのみにかかるオプション料の1,005円(税抜)が

3年間無料で使えることが特典にはなりますが。

 

対してW05なら、プロバイダによりますが
今のところ2年契約で選択することが可能です。
(2018年11月現在)

ですので、「LTEオプションは必要ないよ」
「3年はちょっと長いなぁ・・」というあなたには

W05で2年契約を結ぶことも今のところは可能ですね。

 

あるいは、あなたがauスマホユーザーで
auスマートバリュー mineが適用されている期間は

ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えますが。

 

WiMAX2年契約おすすめ

 

2年契約で選べるWiMAX 2+だと現状では

⇒ カシモWiMAX

⇒ WiMAX2年契約おすすめのプロバイダは?

ただ、WiMAXは3年縛りのプランが主流になりつつありますから
今後2年契約はなくなる?かもわかりませんが・・

 

あと、通信制限について補足しておきますが

WX05あるいはW05で3年契約を結ぶと
ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えますが

ハイスピードプラスエリアモードには月7GBの通信制限があります。

 

au4GLTEとWiMAX 2+の合計通信量が月に7GBを超えると
当月末まで通信速度が128kbpsに制限されます。

ギガ放題の契約でもかかる通信制限となりますよ。

さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
ハイスピードモードに切り替えてネットに接続しても

速度に制限がかけられていますから注意が必要です。
無料にはなっても使い放題ではありません。

 

つまり、ハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超えると
すべてのモードで速度制限がかかっちゃうわけです。

この点はLTEオプションを使う際に知っておいてくださいね。

⇒ WiMAX 2+の通信制限はこちら

 

W05とWX05どっち?

 

以上、管理人が考えるWX05またはW05の選び方

2018年11月現在ではWX05は3年契約限定
W05はプロバイダによって2年契約もOK

ここが選ぶ時のひとつの基準だと思っています。

 

WX05はWiMAXハイパワー対応で室内でのつながり具合が強化
W05はハイスピードプラスエリアモードで下り最大758Mbpsの高速通信

この違いを加味して考えてみたいですね。

 

補足ですが2018年12月には

NECプラットフォームズ製のホームルーター
WiMAX HOME 01が販売開始となります。

 

ホーム01

⇒ WiMAX HOME 01のスペックや特長はこちら

 

すべてのプロバイダで販売がはじまるかどうか?は微妙ですが

自宅専用や事務所、お店でネットを使いたいようなら
工事不要でコンセントに差し込めば設置完了ですから

検討材料には加えておきたいですけどね。

コメントを残す