Speed Wi-Fi NEXT W05(受信最大708Mbps対応端末)

Speed Wi-Fi NEXT W05ファーウェイのモバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT W05
東名阪エリアを中心に下り最大708Mbpsの高速通信に対応

ハイスピードプラスエリアモードで708Mbpsが利用できます。
UQから2018年1月下旬よりリリース開始となっています。

 

W05スペック

 

W04の後継機種となるSpeed Wi-Fi NEXT W05

最大の特長としては、東名阪エリアを中心に
受信最大708Mbpsに対応していること

 

ハイパフォーマンス設定時でかつ
ハイスピードプラスエリアモード利用時に

下り最大708Mbpsの高速通信が利用できます。

ハイスピードモードは下り最大558Mbps対応となります。

 

3波キャリアアグリゲーション
4×4MIMO
変調方式256QAM

この3つを同時に利用で受信最大708Mbpsが実現しました。

 

W05受信最大708Mbps

 

上りの速度も最大75Mbpsとグレードアップ

W05上り75Mbps

 

ただし、ハイスピードプラスエリアモードは利用月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)かかりますが

auスマートバリュー mineが適用されている期間、または
WiMAXで3年契約を結ぶと無料で使うことができます。

 

あなたが今WiMAX 2+の端末を使っているようなら
その端末のSSIDやパスワードをコピーして使えますから

パソコンやスマホへの再設定の必要はありません。
wifiお引越し機能が装備されているんですね。

 

W05引っ越し機能

 

別売りのクレードルには有線LANポートが付いていて

 

W05クレードル有線LANポート

 

ホームルーターとしての機能も改良されています。

 

Speed Wi-Fi NEXT W05の基本的なスペックは

 

サイズ:高さ130mm×幅55mm×厚さ12.6mm
重さ:約131グラム

連続通信時間:約540分(ノーマル設定時)
連続待受時間:約850時間(クイックアクセスモードOFF時)

 

バッテリー容量:2750mAh
同時接続:最大10台

利用できるモードはハイスピード(WiMAX 2)
ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX 2+)

 

2.4インチのタッチパネルディスプレイ搭載で
切り替え操作もタップで簡単にできるようになっています。

 

カラーバリエーションはブラックライムとホワイトシルバー

UQより2018年1月19日リリース開始となっています。
MVNO各社でも取り扱いがはじまるでしょう。

ただ、W04と比較して大きな変更はありませんね。
W05はマイナーチェンジの端末だといえますよ。

コメントを残す