ホームルーターでWiMAXを契約するメリットやデメリットは

ホームルーターメリット デメリットWiMAX 2+といえば家でも外でもパソコンでもスマホでも
手軽にネットが使えることがメリットなんですが

あるプロバイダ担当者の話では、最近
ホームルーターの販売数が伸びているということなんです。

ホームルーターでWiMAX 2+を使うメリットやデメリットは?





ホームルーターメリット

ホームルーターメリット

2019年1月25日販売開始の
ファーウェイ製Speed Wi-Fi HOME L02

東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応
ハイスピードプラスエリアモードのau4GLTEも利用できます。

ハイスピードプラスエリアモードで
LANケーブル接続を利用すると下り最大1Gbpsの高速通信に対応

東京および埼玉の一部よりサービスがはじまっています。

最大で42台までのwifi対応機器に
同時接続可能な据え置き型の端末となっています。

(LANポート2台/wifi接続40台)

⇒ Speed Wi-Fi HOME L02の特長などはこちらの記事で

2020年1月販売開始のNEC製WiMAX HOME 02

ホームルーターデメリット

ホームルーターとして初のデュアルバンド対応
wifi対応機器に最大20台まで同時接続可能ですね。

⇒ WiMAX HOME 02の特長などはこちらの記事で

ホームルーターのメリットとして

工事不要でコンセントに差し込むだけで設置完了
ですので、工事費などの負担もありません。

端末が届けばすぐにインターネットが利用できますから
手間暇がかからずここが最大のメリットでしょう。

最大で42台までのwifi対応機器に同時に接続できますので
(HOME 02は最大20台)

SOHOオフィスや小規模事務所、お店や工場など
事業用のネット回線にもニーズがあるようですね。

ホームルーターを導入するうえで大切なことは
契約前に室内での接続テストを必ずやっておくこと

これはモバイルルーターでも同じことですが
契約したもののつながりが不安定だったり速度が遅いなどで

キャンセルや返品は基本できません。
違約金の対象になっちゃう場合があるんです。

初期契約解除制度が導入されているプロバイダもありますが
それでも事務手数料とか端末の返送代など自腹になりますから

契約前にUQのトライワイマックスなど活用して
接続テストをしっかりやっておきましょう!



ホームルーターデメリット

ホームルーターデメリット

持ち運びできませんよね(笑)
まぁ、できないことはないでしょうけど不向きです。

出川さんの充電バイクの旅のように
コンセントを貸してもらいながら走らなければなりませんよw

あくまでも自宅や事務所などで使う据え置き型ですので
外でスマホでネットを使う・・ことは難しいです。

ですので、家でも外でもスマホでもパソコンでも
データ通信を使いたいあなたはモバイルルーターにしておきましょう。

モバイルルーター

Speed Wi-Fi NEXT W06

メリット・デメリットを比べてみると

ホームルーターってWiMAX1の頃からありましたが

当然モバイルルーターがメインで販売されていて
販売数的には微々たるものでした。

ところが、2017年以降販売数が伸びているようで

受信最大440Mbpsの高速データ通信が
使えることも理由の一因なんでしょうが

月を追うごとに出荷台数が増えているようです。

現在、ほとんどのMVNOでSpeed Wi-Fi HOME L02が販売されていて
3年契約を結ぶなら代金・送料ともに無料となっています。

WiMAX HOME 02の取り扱いも増えています。

ただ、モバイルルーターでも室内で使えますから
個人で使うならやっぱり家でも外でも

パソコンでもスマホでもタブレットでも手軽な
モバイルルーターでの契約がメインにはなってくるでしょう。

ホームルーターは小規模事務所や店舗などの事業所向けに

あるいはひとり暮らしの女性や家族数の少ないお宅の自宅回線など
まぁ光回線まで必要なく工事不要なもっと手軽な方法を考えるなら

ホームルーターが候補にはあがりますけどね。

モバイルルーターと比較して室内でのつながり具合が
改良されていることはホームルーターのメリットでしょう。

比較対象としてソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー

WiMAXのホームルーターとよく比較されるのがソフトバンクエアー

ソフトバンクエアー申し込みでキャッシュバックがもらえる

ソフトバンクLTEエリアでインターネットが利用できて
原則通信制限はありません。

ですが、ベストエフォートのサービスですので
混雑する夜間などは速度が低下する場合もあります。

(このあたりはWiMAXも同様ですけどね。)

WiMAXの場合は3日10ギガの通信量超過、および
ハイスピードプラスエリアモード月7ギガの通信量を超えると

速度に制限がかけられますから契約前に踏まえておいてください。
契約先や端末問わずWiMAX 2+共通の通信制限となっています。

まとめ

ホームルーターデメリット

ホームルーターのメリットデメリットを比べてみましたが
管理人としてはやはりモバイルルーターを推奨します。

ホームルーターは小規模事務所や店舗など事業用とか
工事せずに家族で使えるネット回線が希望なら検討材料ですが。

家でも外でもスマホでもパソコンでも
手軽にデータ通信が利用できることがwifiのメリットですから

まずモバイルルーターでの契約から考えてみましょう。

⇒ 当サイトのインフォメーションはこちら



コメントを残す