Try WiMAX 2+ 端末無料レンタルで接続テストをやってみよう!

Try WiMAXで契約前の接続テストを!Try WiMAX2+とは、WiMAX2+を契約する前に
あなたの自宅や職場・学校などでWiMAX2+が利用できるかどうか?
接続テストが無料でできるサービスです。

まず最初に、サービス提供エリアのピンポイント判定
それから、Try WiMAX2+を活用してみましょう!

 

trywimaxでレンタルできる端末は

 

このサービスは、WiMAX2+回線を所有、拡充している
UQコミュニケーションズ株式会社提供となります。

⇒ UQサイトTry WiMAX申し込みページはこちらから

 

Try WiMAXでは、WiMAXのルーターが無料レンタルできました。
そこに、WiMAX2+のルーターWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11・HWD15が加わり

 

WiMAX2+があなたのご自宅や職場、学校などで、
利用可能かどうか契約前にテスト可能となったわけですね。

 

(2016年3月 追記)

現在は、無料でレンタルできるデータ端末が

Speed Wi-Fi NEXT W02
Speed Wi-Fi NEXT WX02
Speed Wi-Fi NEXT WX01
URoad-Home2+

上記機種から選択できるようになっていますよ。

 

なお私も2013年の8月、WiMAXの頃なのですが
実際に契約前にTry WiMAXを使ってみましたので

Try WiMAXの申し込み方法や注意事項など
こちらの記事で紹介していますのでご参照ください。

 

Try WiMAX2+は、15日間データ端末を無料レンタル可能となっていますが
実際には15日目までに、UQコミュニケーションズに端末が到着するよう
返送することが必要となります。

 

trywimaxのレンタル期間は15日間

 

この点、ちょっと勘違いしがちなのでご注意ください。

無料レンタル期間は15日間となっていますが
15日目までには端末の到着が必須と定められていますので
遅くとも12日目くらいには要返送となりますね。

 

丸々15日間レンタルできるわけではありませんので
この点はお間違えないようご注意くださいね。

 

Try WiMAX2+申し込み時には
あなたのクレジットカードの登録が必要となります。

 

これは、万一データ端末が返却されない場合に
UQコミュニケーションズが代金を請求するためですね。

不特定多数の方に貸し出ししますので
万一の場合に対応しての措置となるようです。

 

私も実際Try WiMAXを利用しましたが
15日目までに届くようにレンタル機器を返却すると
何も問題ありませんので大丈夫です。

 

あと、Try WiMAX2+の申し込みにおいて
あなたのパソコンで使っているメールアドレス
携帯電話またはスマートフォンのメールアドレス

この2つの登録が必要となります。

 

あなたがどちらかひとつしかアドレスをお持ちでない場合は
書面での申し込みが必須となりますのでご注意ください。

 

なお、VISAデビットカードでも申し込みは可能ですが
その場合も、書面による申し込みが必須となっています。

 

以上、Try WiMAX2+についての概要となります。

このサービスはWiMAX2+契約の前に
あなたのお住まいなどで、接続状況を無料試せるサービスですから

 

まずピンポイントエリア判定をやってみて
それから、接続テストもやっておきましょう。

契約するときの安心感が全然違いますよ!

コメントを残す