ポケットwifi/wimax/レンタルwifi情報などまとめて!

WiMAX 2+ サービス提供エリアピンポイント判定のやり方は

WiMAX 2+はサービスが未提供(圏外)のエリアでは
契約してもインターネットに接続することができません。

ですので契約前にあなたのお住まいや職場、学校などで
サービスが提供されているかどうか?

ここをしっかり確認しておくことがまず最初の作業です。

WiMAX 2+サービスエリア確認方法

WiMAX エリア判定

WiMAX 2+を契約する前にあなたの自宅や職場が

サービス提供エリアになっているかどうか?
判定しておくことはとても大切な作業です。

エリア外だと契約してもインターネットに接続できません。
ですのでまずエリア確認はかならずやっておきましょう。

といってもWEBから無料で簡単にできますので
エリア判定方法を図解入りで書いてみますね。

プロバイダ各社のホームページでもできますが
ここではUQのホームページでの判定方法を書いておきます。

UQホームページにアクセス

⇒ https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

WiMAXエリア地図

日本地図が表示されますのでお住まいの都道府県をクリック

WiMAXピンポイントエリア判定

建物の種別を選択してお宅の住所を入力してください。

エリア確認は住所を番地や号まで正確に入力して
ピンポイントで判定してみることが大切です。

大まか・・ではなくピンポイントで確認しておいてくださいね。

〇と表示されればサービスエリアります。

wimax2エリア○

エリア外と判定されれば契約してもインターネットに接続できません。

wimax2エリア圏外

その他○~△や△など微妙な場合も結構あります・・

wimax2エリア○~△

wimax2エリア△

ちょっと判断がつきませんよね・・

Try WiMAX

トライワイマックス

このような判定結果が表示されたようなら
Try WiMAX(トライワイマックス)の活用をおすすめします。

Try WiMAXもUQのサービスで
端末を15日間無料でレンタルできるシステムなんですね。

契約前にお宅や職場の電波の状況が確認できるわけです。

UQトライワイマックス⇒https://www.uqwimax.jp/wimax/beginner/trywimax/

ですのでエリア判定で〇~△等の微妙な表示が出た場合
あるいは〇と表示された場合でも事前にテストしておくと安心です。

契約前に特に室内でのテストを管理人は強く推奨しています。

(Try WiMAXの概要はこちらの記事でも紹介しています。)

初期契約解除制度

最近では初期契約解除制度も導入されてきましたが
それでも初期費用や端末返送料などは自己負担になる場合が多いですね。

契約した後に手間がかかるなら
契約前に準備をしっかりやっておくほうが絶対楽ですよ。

ピンポイントエリア判定からの接続テスト
この2点はWiMAXの場合必ず済ませておきたい準備になります。

身近に端末を持っている方がいらしたら
手伝ってもらう方法でも構いませんからやっておきましょうね。

WiMAX エリア判定
最新情報をチェックしよう!