WiMAX 2+ サービス提供エリアピンポイント判定のやり方は

WiMAX2+エリアWiMAX2+は、サービスが未提供(圏外)のエリアでは
契約してもインターネットに接続することができません。

ですので契約前に、あなたのお住まいや職場、学校などで
WiMAX2+のサービスが提供されているかどうか?

ここをしっかり確認しておくことがまず最初の作業です。

 

WiMAX 2+エリアピンポイント判定

 

WiMAX 2+は基本的にクーリングオフ対象外です。

うっかり確認不足で契約してしまって
インターネットにつながらなくても

解約や返品、キャンセルはこの時点で違約金の対象となります。

(初期契約解除制度はありますけどね)

 

ですから、契約後にトラブルがないように

WiMAX2+を契約する前に、サービス提供エリアの判定が
いちばん最初の大切な作業となるわけですね。

 

WiMAX2+のサービスを提供している
プロバイダたくさんありますが

回線を所有しているのはUQコミュニケーションズとなります。

(近頃ではUQモバイルの方がわかりやすいですが・・w)

 

プロバイダ各社はUQから回線を借り受けて(MVNO)
サービスを提供しているわけですね。

ですのでここでは、UQコミュニケーションズホームページでの
サービスエリア判定方法をまとめてみます。

 

UQのエリア判定サイト

https://www.uqwimax.jp/area/wimax/ ←クリックでアクセスしてください。

大きな日本地図が開きましたね。

 

WiMAX 2+ピンポイントエリア判定

 

WiMAX2+が選択されてるのを確認して
ピンポイントエリア判定をクリックしてください。

 

WiMAX2+のエリアは住所入力で width=

 

住所を入力する(番地・号まで)欄に
あなたの自宅、職場、学校など

WiMAX2+を利用すると考えられる場所の
住所を番地や号まで詳しく入力して判定してみてください。

 

WiMAX2+サービス提供エリア判定のポイントは
住所を番地や号まで詳しく入力して判定することです。

 

電波を利用してインターネットに接続しますから
建物のつくりや周囲の環境によってつながり方が変わってきます。

ですから、詳しい住所を入力して確認することが大事ですよ。

 

以下のような判定結果○であれば、WiMAX2+のサービスが提供されています。

 

wimax2エリア○

 

エリア外と判定されればWiMAX2+はまだ利用できません。
従って契約できませんよ。

 

wimax2エリア圏外

 

その他判定結果が○~△や△など微妙な場合も多々あります。

 

wimax2エリア○~△
wimax2エリア△

 

ちょっと判断がつきませんよね・・

このような判定結果の場合は
Try WiMAX(トライワイマックス)の活用をおすすめします。

⇒ UQトライワイマックスホームページはこちら

 

トライワイマックス

 

トライワイマックスとは、UQコミュニケーションズのサービスで
WiMAX2+のルーターを無料で15日間レンタルできるサービスのことです。

送料など費用負担は一切ありません。

 

つまりWiMAX2+の契約前に、あなたの自宅や職場などで
実際に端末を使って接続テストができるわけですね。

エリア判定で○だった場合でも、トライワイマックスを利用して
自宅や職場でテスト済ませておくと安心できますから

管理人は事前のテストを強く推奨しているわけです。

 

Try WiMAXの概要はこちらの記事でも紹介しています。

WiMAX2+を契約する前に
一度自宅や職場での接続テストを

確実にやっておくことってとっても大切なんです。

 

あるいは、最近ではWiMAX2+のユーザーさんも増えていますから

あなたの友達や知り合いで、端末を持っている方がいらしたら
ちょっと貸してもらう、手伝ってもらう方法でもOKですよ!

コメントを残す