WiMAX2+の月間7GBと3日10GBの通信制限についてわかりやすく

WiMAX 2+通信制限WiMAX 2+には通信速度に制限がかかる場合が2通りあります。

3日で10GBの通信量を超過した場合と、もうひとつ
ハイスピードプラスエリアモードで月間7GBの通信量超過

それぞれのケースを分けてわかりやすくまとめてみましょう。




3日10GBの通信制限について

 

3日10GBの通信制限は端末を問わず、契約先も問わず
また、ギガ放題の契約でもかかる制限となります。

すべてのWiMAX 2+サービス共通の制限となっています。

 

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

WiMAX 3日10GB通信制限2017年1月までは、直近3日で3GBの通信量を超えると

翌日の昼ごろから、翌々日の昼ごろにかけて
およそ24時間程度速度に制限がかかりましたが

 

2017年2月以降は3日10GBのデータ容量まで緩和
そして、制限がかかっても、特に混雑する夜間のみ

日中は制限なくネットが利用できるように変更されています。



ハイスピードプラスエリアモード月間7GBの通信制限について

 

ギガ放題の契約を選ぶと、ハイスピードモードの
WiMAX 2+を使っている分には月間データ容量の上限はありませんが

(3日10GBの通信制限は対象になりますよ)

 

ハイスピードプラスエリアモードのau4GLTEと
WiMAX2+の合計通信量が月に7GBを超過した場合に

月末まで速度が128kbpsに制限されてしまいます。

 

そして、ここが最大に気をつけておきたいところですが
ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると

ハイスピードモードのWiMAX2+に切り替えてネットに接続しても
制限がかけられているので要注意なんですね。

 

つまり、LTEオプションで月7GBの通信量を越えると
すべてのモードで速度に制限がかかってしまうわけですね。

これは、ギガ放題の契約でもかかる制限となります。

 

2018年1月下旬発売のSpeed Wi-Fi NEXT W05

 

W05通信制限

 

2017年11月発売のSpeed Wi-Fi NEXT WX04

 

WX04通信制限

 

W05の旧機種Speed Wi-Fi NEXT W04

 

W04通信制限

 

ファーウェイのホームルーターSpeed Wi-Fi HOME L01s

 

L01s通信制限

 

どの端末もハイスピードモード(WiMAX 2+)と
ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE/WiMAX 2+)が利用できます。

タッチパネルディスプレイが搭載されているので
切り替え操作はスマホ感覚のタップで簡単にできます。

 

すべてLTEオプションに対応していますので

ハイスピードプラスエリアモードで月7GBを超えると
通信速度に制限がかかっちゃいますから覚えておいてください。

 

ハイスピードプラスエリアモードの通信制限はキツイです。
当月末までネット接続不可能といって過言ではありません。

この制限に引っかかると

 

LTEオプション通信制限

 

こうなっちゃいますからくれぐれも気をつけて!

 

補足として、LTEオプションを利用した月に限って
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

あなたがauスマホユーザーで

auスマートバリュー mineが適用されている期間は
ハイスピードプラスエリアモードの利用料が無料になります。

 

あるいは、WiMAXで3年契約を結ぶと
特典としてハイスピードプラスエリアモードが無料で使えます。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04を取り扱っているプロバイダは
各社とも3年契約限定で選択可能となっています(2018年6月現在)

3年契約でau4GLTEが無料で使えるようになりますが
上記通信制限は対象になりますので覚えておきたいですよ。

 

もう1機種、NECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX03では
(WX04の旧機種となりますね。)

 

WX03ではau4GLTE利用不可

 

ハイスピードプラスエリアモードが搭載されていません。

WiMAX 2+専用の端末でau4GLTEは利用できません。
ですので、ギガ放題の契約なら月7GBの通信制限はありません。

 

以上がWiMAX 2+の通信制限について

ハイスピードプラスエリアモード月間7GB超過と
3日10GB超過の内容となっています。

ギガ放題の契約でもかかる制限となりますから
つかまらないように上手に利用しましょう!



コメントを残す