Speed Wi-Fi NEXT WX05(WiMAXハイパワー対応端末)

WX052018年11月8日販売開始のSpeed Wi-Fi NEXT WX05
メーカーはNECプラットフォームズで日本製の端末

受信最大440Mbps対応のモバイルルーターです。

WiMAXハイパワーに対応していて室内でのネット接続が強化
プロバイダ各社でも取り扱いがはじまっていますよ。

 

WX05スペック

 

WX05が旧機種のWX04から改良された点としてまず
WiMAXハイパワーに対応したことが挙げられるでしょう。

室内でのつながり具合が強化された端末だといえます。

 

自宅内や建物内など電波が弱いエリアにおいて
通信速度がおよそ20パーセント程度改善されているんですね。

電波が弱いエリアでも送信パワーをあげることで
基地局に電波が届きやすくなりパフォーマンスが向上します。

 

別売りで専用のクレードルも用意されていて
従来からのダブルウイングアンテナを搭載

 

WX05クレードル

 

ダブルウイングアンテナで電波を360度均等に放射して

対応子機に向けて集中的に
電波を送信しスループットを改善します。

 

ワンタップで一括設定が可能なおまかせ一括設定搭載

 

WX05一括設定

 

あなたに最適な端末設定が
ワンタップでできるようになったので

はじめてのwifi端末でも操作が簡単で使いやすいですね。

 

wifiビジュアルステータスは
周囲のwifi使用状況をビジュアル的に表示するツールで

wifi混雑状況を棒グラフで表示し、どのチャンネルで
通信機器が多く使用されているかを確認することができます。

 

WX05タッチパネル

 

混雑の状況が確認できるツールとなっているんですね。

タップで空いているチャンネルに切り替えることが可能で
より快適にWiMAXが使えるツールとなっています。

 

データ通信量の推移データ表示は
最大3日間のデータ通信量を累計グラフで表示するツール

電池残量の推移データ表示では
最大5時間の電池残量推移を表示することができます。

残り時間の表示はバッテリー残量が少ない場合に表示されます。

 

電波インジゲータは
WiMAX2+の電波が強い場所を探せるツールで

棒グラフで受信電波の強さを表示するようになります。

クイックメニューに配置されていますから
すぐに電波の強さを確認することができるわけですね。

 

さらに、WX04にも搭載されているワンタイムHS+Aに
通信量カウンターとの連動機能が追加されています。

 

WX05ハイスピードプラスエリアモード

 

あなたが設定したデータ通信量のしきい値に達した時にも
自動的にハイスピードモードに切り変わるようになります。

LTEオプションには月7GBの通信制限がありますから

この機能を活用して速度制限に引っかからないように
上手にインターネットを利用しましょう。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX05の基本的なスペックは

 

サイズ:高さ111mm×幅62mm×厚み13.3mm
重さ:約128グラム

 

連続通信時間:約11.5時間(スタンダード)
連続待受時間:約700時間(休止状態)

同時接続:最大10台
バッテリー容量:3200mAh

 

利用できるモードはハイスピード(WiMAX 2+)
ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX 2+)

カラーバリエーションはソニックレッドとピュアホワイトの2色

 

WX05白

 

2018年11月8日より販売開始となっています。

MVNO各社でも取り扱いがはじまっていて
3年契約で選択できる端末となっていますね。

コメントを残す