WX03とW03を比較!違いはau4GLTEの有無と通信速度ですね

WX03とW03どっちがおすすめ?2016年12月新発売のSpeed Wi-Fi NEXT WX03
NECプラットフォームズ製の端末となります。

対してファーウェイのSpeed Wi-Fi NEXT W03
両者の違いを比べてみると・・どっちがおすすめ?

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03

 

NECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX03
WX02の後継機種となりますね。

最大の特長は下り最大440Mbpsに対応したことだといえます。

 

4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)と
キャリアアグリゲーションを組み合わせて440Mbpsを利用します。

2016年12月時点では国内最速となりますね。

 

wx03は下り最大440Mbps対応

 

ただし、東名阪エリアが中心での440Mbpsです。
上りも最大30Mbpsと高速化されたこともポイント

利用できるのはWiMAX 2+のみですね。
WiMAXおよびau4GLTEは利用できません。

 

2.4インチの液晶ディスプレイが採用されて
スマホ感覚でタップでの操作が可能となりました。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT WX03のスペックなどはこちらの記事で

 

Speed Wi-Fi NEXT W03

 

Speed Wi-Fi NEXT W03

 

ファーウェイのSpeed Wi-Fi NEXT W03
もうお使いの方もたくさんだと思います。

W03は下り最大370Mbpsに対応しています。
(東京都渋谷駅周辺より順次)

 

利用できるのはWiMAX 2+とau4GLTE

ハイスピードプラスエリアモードが搭載されていて
LTEオプションが利用できる端末となっています。

W03でもWiMAXは利用できません。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT W03のスペックなどはこちらの記事で

 
両者を比べてみると、やはり違いは利用できるモード
あなたにau4GLTEが必要かどうか?

ここが選ぶ時の大きな基準になってくるでしょう。

 

WX03はもうWiMAX 2+専用の端末ですので

あなたがインターネットを利用するエリアが
すべてWiMAX 2+でカバーされているなら選択肢に

 

地方にお住まい、あるいは地方に出張や旅行に出かけ
WiMAX 2+が圏外のエリアでも
インターネットを使いたいニーズがあるならW03

ハイスピードプラスエリアモードのau4GLTEが利用できます。

 

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを使った月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

11月から、auスマホユーザーさん限定にはなりますが
auスマートバリュー mineが適用されている期間は

ハイスピードプラスエリアモードの利用料が無料になります。
1,005円払わなくてもよくなりますのでしっかり使いましょう(笑)

 

とはいっても、ハイスピードプラスエリアモードでは
ギガ放題の契約でも、月間7GB超過の通信制限は対象になりますから

まぁ、月に6.9GBまで使って
あとはハイスピードモードのWiMAX 2+にしときましょうね(笑)

 

もうひとつの違いは通信速度となりますが

Speed Wi-Fi NEXT WX03は下り最大440Mbps
(東名阪エリアが中心)

Speed Wi-Fi NEXT W03は下り最大370Mbps
(東京都渋谷駅周辺より順次)

 

理論上はWX03の方が若干早いようにはなりますが
体感的にはそれほど差がないのでは・・?と私は思っています。

 

また、エリア外ではともに220Mbps~110Mbpsでの利用となりますから

速度に関しては、使う場所や時間帯で変動することもあり
一概には言えませんが、同程度・・だと私は考えていますが。

 

ですので、WX03とW03の選択に迷ったら

あなたに、別途1,005円のオプションでau4GLTEが必要かどうか?
ここをまず考えてみるといいと思いますよ。

 

auスマートバリュー mineが適用されているあなたは

ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えるので
W03を選んだほうが何かの時に役立つかもわかりません。

地方にお住まいのauスマホユーザーさんなどおすすめですね。

 

管理人は田舎の酒飲みおやじですので

また地元のお客さんに
au4GLTEをデモをすることもありますからW03にしましたが

 

私が使っているのはSpeed Wi-Fi NEXT W03

 

あと、クレードルについて補足しておきますが
WX03のクレードルには拡張アンテナが搭載されているんですね。

 

wx03のクレードルには拡張アンテナが搭載

 

両側の羽のように見えるのがアンテナとなっています。

室内での電波の掴みが強化されたわけですが
まぁ、これも実際に使ってみないと一概には言えないんですけど・・

強化されたことはプラス材料だといえるでしょう。
あなたの端末選びの参考にしてくださいね。

 

なお、2018年夏現在では

WX03の後継機種してSpeed Wi-Fi NEXT WX04
W03の後継機種としてSpeed Wi-Fi NEXT W05

上記2機種がメインで販売されています。
今後もさらなる新機種が登場することでしょう。

コメントを残す