Speed Wi-Fi NEXT WX03(下り最大440Mbps対応端末)

Speed Wi-Fi NEXT WX03NECプラットフォームズ製のデータ端末
Speed Wi-Fi NEXT WX03が2016年12月上旬に新発売

下り最大440Mbpsに対応したことがポイントです。
WX03のスペックや特長などまとめてみました。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03は受信最大440Mbps対応

 

WX02の後継機種となるのがSpeed Wi-Fi NEXT WX03
2016年12月上旬新発売とUQからアナウンスされています。

 

最大の特長としては下り最大440Mbps対応

理論上では従来の220Mbpsの倍の速度で
インターネットが利用できるというわけですね。

 

4×4MIMOとキャリアアグリゲーションを組み合わせて

 

wx03のフォーバイフォーマイモ

 

下り最大440Mbpsまで速度アップとなっています。

 

まぁあくまで理論上の数字で
ベストエフォートのサービスですので

ここまでの速度は難しいと思いますが
今までよりは高速な通信が見込める端末だとはいえるでしょう。

 

東名阪エリアが中心での下り最大440Mbpsとなります。
東京、大阪、名古屋など都心部がメインになりますね。

また、上りも最大30Mbpsと高速化されたこともメリットです。

エリア以外では220Mbps~110Mbpsでの利用となります。

 

利用できるのはWiMAX 2+のみですね。
WiMAXは利用できませんので、WiMAX 2+専用の端末となります。

LTEオプションも利用できません。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03の基本的なスペックとしては

 

サイズ:高さ98mm×幅62mm×9.3mm
重さ:110グラム

連続通信時間:約440分(ハイパフォーマンスモード(440Mbps)時)
連続待受時間:約1,100時間

同時接続:最大10台(wifiデザリング時)

 

2.4インチの液晶ディスプレイが搭載で
タッチパネルで、スマホ感覚で簡単に操作ができますね。

もちろん、WX03にも別売りでクレードルが用意されていて

 

wx03クレードルセット

 

両側に羽のようなものが付いているんですが
これが拡張アンテナとして改良されたようです。

室内での電波のつかみを強化したクレードルというわけです。

 

カラーバリエーションはディープブルーとホワイトゴールド
2016年12月上旬より新発売とアナウンスされています。

現在、WX02を取り扱っているMVNOでも
12月には販売が開始されると思いますよ。

 

なお、2017年秋には後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT WX04が登場しています。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04

⇒ Speed Wi-Fi NEXT WX04のスペックなどはこちら

NECプラットフォームズ製の端末として初めて
ハイスピードプラスエリアモードが搭載されました。

コメントを残す