Speed Wi-Fi NEXT W03(下り最大370Mbps対応端末)

Speed Wi-Fi NEXT W03新発売ファーウェイからデータ端末の新機種が登場
Speed Wi-Fi NEXT W03が新発売となっています。

3波キャリアアグリゲーションで下り最大370Mbps対応

当初はauから新発売がアナウンスされましたが
2016年7月1日より、UQでも販売が決定となりました。

 

Speed Wi-Fi NEXT W03のスペック

 

ファーウェイの新端末Speed Wi-Fi NEXT W03ですね。
カラーバリエーションはこちらのオレンジとホワイトの2種類

 

Speed Wi-Fi NEXT W03ホワイト

 

このW03は、UQでは発売がアナウンスされていないんですね。
(7月1日よりUQでも販売がスタートと決まりました。)

auより新発売となりますので、KDDIのMVNOの3wimaxでは販売開始
あと、ラクーポンでも取り扱いがはじまっています。

(今後はUQのMVNO各社でも販売がスタートすると思います。)

 

Speed Wi-Fi NEXT W03の基本的なスペックとして

サイズ:幅120mm×高さ60mm×厚さ11.4mm
重さ:約127グラム

連続通信時間:WiMAX2+ 約610分(ノーマルモード)
連続通信時間:au4GLTE 約430分(ノーマルモード)

連続待受時間:約1,040時間(デフォルト)
同時接続台数:最大10台

 

2.4インチのディスプレイでタッチパネルでの操作
モードの切り替えや設定はタップ操作で簡単シンプルです。

 

Speed Wi-Fi NEXT W03の最大の特長としては

WiMAX2+のTDD2波(110Mbps+110Mbps)
FDDLTEの1波(150Mbps)

この3波を束ねたキャリアアグリゲーションで下り最大370Mbps対応
これまでの220Mbps以上に、より高速に通信が可能となりました。

(ハイスピードプラスエリアモード利用時)

 

ただし、下り最大370Mbpsは東京都の渋谷駅周辺からスタート
その後大阪や、名古屋の都心部より順次導入されるようになります。

 

w03の下り最大370Mbpsは都心部から順次

 

利用できるのはハイスピードモード(WiMAX2+)
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+/au4GLTE)

ハイスピードプラスエリアモードを利用した月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

 

また、月間データ通信量が7GBを越えると速度が128kbpsに制限されます。
同時にハイスピードモードでも速度に制限がかかってしまいます。

このあたりは前モデルのW01・W02と同じですね。

 

UQのMVNOで、予約受付がスタートしているのは今のところ
GMOとくとくBBとSo-netでしょうか。

7月1日より順次発送開始とアナウンスされています。
他社MVNOでも、今後取り扱いがはじまると思います。

(W03は各社販売終了となりました。)

 

なお、2017年2月中旬以降、後継機種として
Speed Wi-Fi NEXT W04が登場

さらに、2018年春には
Speed Wi-Fi NEXT W05が登場となっていますよ。

端末W05

コメントを残す