W01とWX01の違いを大きく2点!最大はLTEオプション

wimax2端末比較ファーウェイ・ジャパンの端末Speed Wi-Fi NEXT W01
NECプラットフォームズの端末Speed Wi-Fi NEXT WX01

どちらも、下り最大220Mbps対応の端末ですが
大きな違いが2点ありますのでまとめてみましょう。

 

ファーウェイw01

 

こちらが、Speed Wi-Fi NEXT W01です。

2.4インチのカラーディスプレイが搭載されていて
タッチパネルでのタップ操作、スマホ感覚で使い方も簡単です。

 

メーカーがファーウェイ・ジャパンですので
HWD15の後継機種となります。

カラーバリエーションはホワイトとマリンの2色
クレードルも用意されています。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT W01のスペックなどはこちらで

 

NECプラットフォームズwx01

 

こちらが、Speed Wi-Fi NEXT WX01

NECプラットフォームズ製造の日本製
メイドインジャパンの端末となりますね。

 

NAD11の後継機種となって
カラーバリエーションはディープブルーとパールホワイトの2色

専用のクレードルも用意されています。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT WX01のスペックなどはこちらで

 

どちらも、下り最大220Mbpsの新端末ですが
大きな違いが2点ありますので比べてみると

まず、利用できるモードですが

W01で利用できるのは、ハイスピード
そして、ハイスピードプラスエリアの2つとなります。

 

つまり、WiMAX2+とau4GLTEの2つですね。
ノーリミット(WiMAX)は利用できません。

ここは、旧モデルのHWD15とも異なる点となりますので
踏まえた上でチョイスされるとよいでしょう。

 

WX01で利用できるモードは、NAD11と同じ
ノーリミットとハイスピードの2つとなります

つまり、WiMAXとWiMAX2+の2つとなりますね。
au4GLTEは利用できませんのでご注意ください。

 

W01とWX01の2つの選択肢から選ぶ場合

ハイスピードプラスエリアモードの利用価値が
LTEオプションの有無がひとつの基準になると思います。

 

au4GLTEは、利用した月に限って
オプション料金として別途1,005円(税込)必要になりますが

日本全国の広いエリアでネット接続をカバーしますね。

あなたにLTEオプションが必要かどうか?
ここ考えて端末選びのヒントにしてください。

 

次に、どちらも下り最大220Mbps対応の端末ですが
220Mbpsの利用方法というか、アプローチの仕方が違います。

 

W01はキャリアアグリゲーション方式

キャリアアグリゲーション導入後順次
日本各地で下り最大220Mbpsが利用できるようになります。

 

キャリアアグリゲーションの導入は
2015年2月12日栃木県の真岡市からスタートします。

その後順次、日本全国に拡充していきますので

あなたのお住まいで
220Mbpsが利用できるのは拡充後となりますね。

それまでは、下り最大110Mbpsでの利用となります。

 

WX01は4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)方式

4×4MIMOとは、基地局と端末にそれぞれ4本のアンテナを搭載して
同時にデータを送受信する、世界初の技術となります。

 

WiMAX2+の基地局は、アンテナが4本設営されていますので

WX01の場合、エリアが拡充された時点で
日本全国でいっせいに、下り最大220Mbpsが利用できます。

 

ですので、実際に下り最大220Mbpsが体感できるのは
後から販売されるWX01の方だといえるでしょう。

 

UQでは、2015年3月末をめどに、現在のWiMAXのエリアで

WiMAX2+が利用できる計画で、工事が進捗していますので
この4月から、WX01は日本全国で220Mbpsが使えるのかもわかりませんね。

(こちらはあくまで予定となりますが・・)

 

以上、私が思うW01とWX01の違いを大きく2点まとめてみました。

新端末が発売されると、いろいろ迷うところですが(笑)
あなたの端末選びの参考になれば嬉しく思います。

コメントを残す