Speed Wi-Fi NEXT W01(下り最大220Mbps対応端末)

Speed Wi-Fi NEXT W01キャリアアグリゲーションの導入によって
2015年春から、WiMAX2+は下り最大220Mbpsへと進化します。

本日、下り最大220Mbps対応のルーター
Speed Wi-Fi NEXT W01がUQから発表されました。

 

w01スペック

 

こちらが、下り最大220Mbps対応ルーター
Speed Wi-Fi NEXT W01ですね。

カラーバリエーションはホワイトとマリンの2色

 

製造元は、ファーウェイ・ジャパン
ですから、HWD15の後継機種となります。

専用のクレードルも、用意された端末となります。

 

まず、HWD15との違いをまとめてみますと

W01ではWiMAXが利用できなくなります。
つまり、ノーリミットモードがありません。

 

ですので、利用できるのはWiMAX2+とau4GLTE

ハイスピードモード(標準モード)と
ハイスピードプラスエリアモードの2つとなります。

 

w01ハイスピードプラスエリアモード

 

Speed Wi-Fi NEXT W01の主なスペックは

寸法:約120mm×59mm×10mm

重さ:約113g

連続待受時間:約730時間(デフォルト設定)

 

そして、連続通信時間ですが

WiMAX2+利用時・・約480分(8時間)

au4GLTE利用時・・約440分(7時間20分)

最大10台まで、同時接続可能となっていますね。

 

w01特長

 

HWD15と同じくタッチパネルディスプレイが搭載されていて

 

w01ディスプレイ

 

スマートフォンの感覚で、簡単に操作が可能です。
接続設定なども、対話形式でできるようになっています。

 

UQコミュニケーションズでは2015年1月16日より
予約受け付けが開始されます。

とくとくBBのキャンペーンでも
予約受け付けが、一部スタートしているようですね。

 

発送開始は来月からになると思いますので
来月以降MVNO各社でも、本格的な販売が始まるかもわかりませんね。

 

なお、下り最大220Mbpsで利用できるのは、
キャリアアグリゲーション導入後となります。

(順次拡大の予定となっています。)

それまでは、下り最大110Mbpsでの利用となります。

コメントを残す