WiMAX 2+におけるキャリアアグリゲーションとは?

WiMAX 2+キャリアアグリゲーションUQコミュニケーションズより、2015年の春をめどに
WiMAX2+におけるキャリアアグリゲーションの導入が発表されました。

では、キャリアアグリゲーションとは?
そして、WiMAX2+のサービスはどう変化していくのでしょう?

 

WiMAXキャリアアグリゲーションとは

 

キャリアアグリゲーションとは
複数の電波を利用してデータ通信を可能にする技術です。

WiMAX1で使用されている周波数帯域30MHzのうち
20MHzをWiMAX2+に切り替えて

 

wimaxキャリアアグリゲーション

 

WiMAX2+で使用されている20MHzの周波数帯域と合わせて
キャリアアグリゲーションが導入されます。

 

WiMAX 2+キャリアアグリゲーション

 

ですので、キャリアアグリゲーション導入後

WiMAX2+の周波数帯域が40MHz
WiMAXの周波数帯域が10MHz

このように切り替わるわけですね。

 

では、このキャリアアグリゲーションの導入により
WiMAX2+のサービスがどう変化するのかというと

現状、下り最大110Mbpsで提供されているWiMAX2+が
下り最大220Mbpsとより高速なモバイル回線となります。

 

まぁ上記は理論上の数値で、あくまでひとつの目安ですが

単純に考えると、今よりWiMAX2+の速度が倍になりますので
より快適に利用できる可能性は大いにありますね。

 

WiMAX2+のサービスが始まって2015年冬で1年ですが

エリアの拡充工事も、日本全国で着工され
また、2016年春には下り最大220Mbpsまでパワーアップされるようです。

 

ただし、現在販売されているWiMAX2+のルーター
HWD14・HWD15・NAD11では、下り最大220Mbpsに対応していません。

下り最大110Mbpsのサービスとなります。

(上記端末は販売終了となっています。)

 

キャリアアグリゲーションが導入される頃には
下り最大220Mbps対応のルーターも新発売されると思います。

2018年の春には東名阪エリアの一部から
下り最大558Mbps対応のSpeed Wi-Fi NEXT W05

 

W05下り最大558Mbps

より高速通信が利用できる端末も登場しています。

 

ハイスピードプラスエリアモードでは

キャリアアグリゲーション
4×4MIMO

を組み合わせて下り最大708Mbpsに対応(一部エリアから)

さらなる高速通信が利用できるようになっているんですね。

コメントを残す