ハイスピードプラスエリアモード月間7GBの帯域制限について

ハイスピードプラスエリアモード通信制限WiMAX 2+で利用できるハイスピードプラスエリアモード
LTEオプションが使えるモードとなっています。

概要はこちらの記事で書いてみましたが
ハイスピードプラスエリアモードで月に7GBの通信量を超えると

速度が128kbpsに低速制限されますので注意が必要です。

 

WiMAX 2+通信制限

 

帯域制限とは、通信の公平性を目的として

月に一定量の通信量を超過すると
あまり通信を使っていない方に道を譲ってね・・と

速度に制限がかけられちゃうシステムなんですね。

WiMAX1には帯域制限がありませんでしたが
WiMAX2+には帯域制限がかかる場合があります。

 

W05通信制限

 

1例としてモバイルルーターSpeed Wi-Fi NEXT W05

ハイスピードモード(WiMAX 2+)
ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE/WiMAX 2+)

この2つのモードが利用できる端末となります。

 

ハイスピードプラスエリアモードの
WiMAX2+とau4GLTEの合計した通信量が

月に7GBを超えると、月末まで速度が128kbpsに制限されます。

 

具体的に、月7GBの通信量とはどのくらいなのかといえば

メールの送受信:1ヵ月約1,870万通(1日約62万通)

ホームページ閲覧:1ヵ月約50,600ページ(1日約1,687ページ)

動画視聴:1ヵ月約33時間(1日約1.1時間)

音楽ダウンロード:1ヵ月約1,790曲(1日約60曲)

目安として、このくらいの通信量が基準となっています。

 

まぁあくまでも目安の数字なんですが
やはり気をつけておきたいのは動画の視聴

ハイスピードプラスエリアモードでたくさん動画を見ると
月7GBオーバーになっちゃうかもしれません。

 

そして、ここでもっとも気をつけておきたいことですが

ハイスピードプラスエリアモードで帯域制限がかかると
ハイスピードモードのWiMAX2+に切り替えてネットに接続しても

速度が128kbpsに制限されちゃうことなんですね。

 

つまり、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
すべてのモードで通信速度が制限されるわけですね。

この制限は、契約先や端末など一切問わず
WiMAX 2+共通の通信制限となっていますよ。

 

補足として、ハイスピードプラスエリアモードは
利用月に限り別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

ただし、WiMAX 2+で3年契約を結んだ場合

あるいは、あなたがauスマホユーザーで
auスマートバリュー mineが適用されている期間は

特典としてLTEオプションを無料で使うことができます。

 

WiMAX 2+ 3日10GB通信制限なおハイスピードモードでは、ギガ放題の契約なら
月間データ容量の上限はありませんが

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

日中は実質無制限でネットを使うことができますが
3日10GB超過で夜間は制限がかけられるようになりますから

契約前に合わせて知っておいてくださいね。
上記2点がWiMAX 2+の帯域制限となります。

コメントを残す