ハイスピードプラスエリアモードとは(WiMAXオプション)

ハイスピードプラスエリアモードハイスピードプラスエリアモードとは
WiMAX2+とau4GLTEが両方使えるモードとなります。

au4GLTEは800MHzプラチナバンド、人口カバー率も99%と
日本全国広いエリアでインターネットが利用できるモードとなりますね。

 

W05ハイスピードプラスエリアモード

 

出張の多い方や、旅行によく行かれる方など

WiMAX 2+がエリア外の地方でも
ネット接続を利用する機会のある方に

とても便利なモードだといえるでしょう。

スマホ感覚でタップで切り替え操作ができます。
使い方もとっても簡単なんですね。

 

ひとつ注意点として、LTEオプションを利用した月に限り

オプション料金として別途
1,005円(税抜)必要となりますので把握しておいてください。

 

あなたがauスマートフォンユーザーで
auスマートバリュー mineが適用されている期間は

au4GLTEを無料で使うことができます

 

あるいは、WiMAXで3年契約を結ぶと
ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えますよ。

 

もう1点注意事項として、au4GLTEとWiMAX2+の合計通信量が

月に7GBの通信料を超過すると
当月末まで128Kbpsの帯域制限がかかります。

 

さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
ハイスピードモードに切り替えてネットに接続しても

速度に制限がかけられていますからココは注意点。

ギガ放題の契約でもかかる通信制限です。

⇒ WiMAX2+の通信制限はこちらの記事で詳しく

 

なお、端末によってハイスピードプラスエリアモードが
利用できる、できないがありますのでここもポイント

 

2018年3月現在、メインで販売されている
ファーウエイのSpeed Wi-Fi NEXT W05

および、NECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX04

どちらもハイスピードプラスエリアモードが
利用できる端末となっていますよ。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04

 

どちらもLTEオプションが利用できる端末ですが
前述したように、利用月のオプション料金と

月間7GBの通信量超過で速度に制限がかけられますから
利用する際は念頭に置いて上手に活用してください。

 

補足ですが、ホームページのSpeed Wi-Fi HOME L01s

 

L01ハイスピードプラスエリアモード

 

L01sでもハイスピードプラスエリアモードが利用できます。

コメントを残す