HWD15とW01の違いを大きく2点!最大は対応速度

WiMAX 2+端末比較ファーウェイ・ジャパン製のWiMAX2+ルーター
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15

そして、2015年1月新発売のSpeed Wi-Fi NEXT W01
両者の違いを大きく2点まとめてみました。

 

まず最初に、あなたもよくご存知のポイントですが
Speed Wi-Fi NEXT W01は下り最大220Mbps対応

 

w01

 

⇒ Speed Wi-Fi NEXT W01の詳細はこちらの記事で

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15は
下り最大220Mbpsには対応していません。

下り最大110Mbpsでの利用となりますね。

⇒ Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15の詳細はこちらの記事で

 

ここでひとつ補足しておきたいのですが
W01で実際に、下り最大220Mbpsが利用できるのは

キャリアアグリゲーション導入後順次となります。

つまり、購入してすぐ利用できるわけではありません。

 

キャリアアグリゲーションは、2015年2月12日
栃木県の真岡市から、導入がスタートされました。

今後、日本各地へ順次拡張されていくわけですね。

ですので、栃木県の方が日本全国で一番早く、
W01で下り最大220Mbpsが利用できるといえるでしょう。

 

あなたのお住まいで、キャリアアグリゲーション導入後
下り最大220Mbpsが利用できるようになるわけです。

それまでは、下り最大110Mbpsでの利用となります。

 

2点目として、利用できるモードが違います。

 

HWD15で利用できるモードは以下の3つ

ノーリミット(WiMAX)

ハイスピード(WiMAX2+/WiMAX)

ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX2+)

W01では、ノーリミット(WiMAX)が利用できません。

 

ですので、W01で利用できるモードは

ハイスピード(WiMAX2+)

ハイスピードプラスエリア(au4GLTE/WiMAX2+)

こちらの2つとなりますね。

 

どちらもタッチパネルで

スマホ感覚で操作できますので、取り扱いはとても簡単です。
WiMAX2+デビューでも、問題はないと思います。

W01には、2.4インチのカラーディスプレイが搭載されました。

 

w01タッチパネル

 

HWD15はホワイトとレッドの2色
W01はホワイトとマリンの2色が用意されています。

専用のクレードルもありますね。

 

新しいルーターが発売されると、選択に迷いますが(笑)
やはり人気としては、W01が優位になっているようです。

 

ただ、3つのモードが利用できるHWD15も
まだまだ私は選択肢のひとつになると思いますので

あなたの利用環境にあわせて、チョイスしてくださいね!

 

なお、2018年夏では上記2機種とも販売終了

ファーウェイのSpeed Wi-Fi NEXT W05

NECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX04

上記2機種がメインで取り扱われていますよ。

コメントを残す