Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15 2014年8月販売開始

HWD15販売2014年8月1日に発売の予定となっていますが

WiMAX2+の3機種目のルーターとして
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15が新発売となります。

HWD15のスペック・特長・HWD14からの改良点などまとめてみます。

(HWD15は各社取り扱い終了となりました。)

 

hwd15スペック

 

製造元はファーウェイ・ジャパンですから
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14の次の機種となります。

カラーバリエーションはレッドとホワイトの2色

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15の基本的なスペックとして

重さ:約140g

寸法:約104mm×64mm×14.9mm

連続待受時間:約970時間(エコモード)

 

そして、連続通信時間ですが、モード別に若干違いがあって

WiMAXを利用時:約9時間40分

WiMAX2+を利用時:約10時間50分

au4GLTEを利用時:約10時間

 

HWD14と同じく、タッチパネルでの操作で
3つのモードの切り替えが、簡単にできるようになっていますね。

 

hwd15モード

 

Wi-Fi対応機器に最大10台まで同時接続可能

休止状態から約5秒でクイック起動
スマートフォンへの給電機能も搭載されています。

 

HWD14より改良された点として
WiMAXハイパワーに対応している点が挙げられます。

電波の掴みがパワーアップされたルーターとなりますね。

 

さらに、希望する場合はクレードルもありますので
自宅でのホームルーターとして使うときも、便利になりました。

 

hwd15クレードル

 

以上がHWD15のスペックや特長となっています。

なお、2018年夏にはHWD15は各社とも販売終了

ファーウエイの後継機種として
Speed Wi-Fi NEXT W05がメインで販売されています。

 

W05特徴

 

東名阪エリアの一部から下り最大558Mbps対応
ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大708Mbps対応

より高速にネット接続ができるルーターとして
人気を集めているんですよ。

コメントを残す