au4GLTEはハイスピードプラスエリアモードのオプションです

WiMAX2+のオプションau4GLTEとはファーウェイの端末で利用することができる

ハイスピードプラスエリアモードでは、オプションとして
au4GLTEを使ってインターネットに接続することが可能です。

利用月に限り別途1,005円必要にはなりますが
無料で使える場合もあるのでまとめてみましょう!

 

au4GLTEとは800MHzのプラチナバンドです。

人口カバー率も99%ですから、日本全国の広いエリアで
インターネット接続が可能となっています。

くるくると回りこみに優れた電波でつながりやすいんですね。

 

W03ハイスピードプラスエリアモード

(私はW03でau4GLTEを使っています。)

 

ただし注意点として、ハイスピードプラスエリアモードを利用した月に限り
オプション料金として別途1,005円必要となります。

 

これは使用した通信量に関わらず、少しでも使った月はかかる料金ですので
利用する際には、把握しておいてくださいね。

(日割り計算にはなりません)

 

また、ハイスピードプラスエリアモードでは
月7GBの通信制限があります。

WiMAX2+とau4GLTEを合算をして、月に7GBの通信量を超えると
当月末まで128kbpsに速度が制限されます。

 

そして、ハイスピードプラスエリアモードで帯域制限がかかると
ハイスピードモードのWiMAX2+に切り替えて利用する場合でも
速度が制限されますので注意が必要です。

 

つまり、au4GLTEを使って月7GBの通信量を超過すると
WiMAX2+にも制限がかかってしまうというわけです。

この点も、ハイスピードプラスエリアモードを利用するときの注意点です。

 

W04ハイスピードプラスエリアモード

 

通常は別途1,005円かかるハイスピードプラスエリアモードですが
無料で使える場合が2通り用意されています。

 

1点目は、あなたがauのスマートフォンユーザーで
auスマートバリュー mineが適用されている期間は

ハイスピードプラスエリアモードのau4GLTEが無料で使えます。

 

auスマートバリュー mineは、WiMAX 2+を契約後
auのお店かKDDIお客さまセンターでの申し込みが必須ですが

申し込んだ翌月から、毎月のスマホ料金が
最大934円割引されて安くなることと

au4GLTEが無料で使えることが特典となるわけです。

auスマホユーザーさんはぜひ申し込んでおいてくださいね。

 

2点目は、WiMAXで3年契約を結ぶと
特典としてハイスピードプラスエリアモードが無料で使えます。

3年契約はプロバイダによって温度差はありますが
本家UQはもちろん、受け付けているMVNOもありますので

 

3年はちょっと長いですが(笑)au4GLTEが無料となりますから
地方にお住まい、あるいはよく出張や旅行に出かける場合など

WiMAX 2+がエリア外の地域でも、ネットを使う必要のあるあなたは
知っておいて損はない情報かな、と思いますよ。

(上記料金はすべて税抜きで表示してあります。)

コメントを残す