ハイスピードモード2年間使い放題が終了⇒ギガ放題へ

ハイスピードモードこちらの記事でもまとめてみましたが

ハイスピードモードのWiMAX2+の2年間使い放題が
2015年2月19日で終了となりました。

2015年2月20日以降の契約に関しては、料金体系と
通信制限の考え方が変更となりますのでご注意ください。

 

WiMAX 2+ギガ放題

 

2015年2月19日までのWiMAX2+では

ハイスピードモードのWiMAX2+のみを利用した場合
契約から最大2年間は通信制限なしとなっていました。

(ハイスピードプラスエリアモードでは7GBの通信制限があります。)

 

これが、2015年2月20日以降の契約分から
新しい料金プランが適用されますので

UQ WiMAX2+の料金プランを例にすると

 

月に通信量の上限なしを希望の契約の場合(ギガ放題)・・月額4,380円
月に7GBの通信量の契約の場合(通常プラン)・・月額3,696円

このように変更となります。

(月単位での見直しはできるようですが)

 

つまり、2月19日までの契約分に関しては
月額3,696円で、契約から2年間は

ハイスピードモードのWiMAX2+に通信制限はかかりませんが

 

2月20日以降の契約分に関しては
通信量の上限なしを希望する場合、料金が高くなるわけです。

(ギガ放題の料金プランが新設されたわけですね。)

 

MVNO各社は、今のところ料金プランの変更について

公式サイトで具体的に発表されていませんが
この流れになることは間違いないと思います。

(各社料金の違いはありますが同様の流れとなっています。)

 

ひとつ注意点として、ギガ放題の契約でも混雑回避のため

直近3日で10GBの通信量を超えると、翌日の18時ごろから
翌々日の2時ごろまで速度が概ね1Mbpsに制限されます。

 

2017年2月までは3日3GBで制限がかかりましたが
2月以降3日10GBまで制限がかかるデータ容量が緩和されました。

また、制限がかかる時間帯も特に混雑する夜間のみで
日中は実質無制限でネットが使えるようになりましたね。

 

まとめると、2017年時点でのWiMAX 2+の料金プランは

 

WiMAX 2+ギガ放題通信制限

 

ギガ放題または月7GB上限の通常プラン(ライトプラン)から選択
月単位でのプラン変更は可能に

ギガ放題の契約でも3日で10GBの通信量を超えると
翌日の夜間に通信速度が制限

 

ハイスピードプラスエリアモードのau4GLTEと
WiMAX 2+の合計通信料が月7GBを超えると

当月末まで速度が下り最大128kbpsに制限

 

さらに、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると
ハイスピードモードに切り替えて接続しても速度が制限

UQ本家およびMNNO各社ともこの流れとなっていますので
あなたがWiMAX 2+を契約する前に覚えておいてください。

(上記料金はすべて税抜きで表示してあります。)

コメントを残す