USBデータ通信カード URoad-Stick(販売終了)

下り最大110Mbps対応の、USBデータ通信カード
URoad-Stickが2015年1月9日より新登場の模様です。

URoad-Stickのスペックや特長について、
また、HWD15・NAD11との違いなどまとめてみました。

(URoad-Stickは販売終了となりました。)

 

uroadstickスペック

 

こちらがURoad-Stick
USBデータ通信カードとなります。

 

製造元はシンセイコーポレーション
URoad-Stickの主なスペックとしては

寸法:約27mm×62mm×11mm

重さ:約18g

 

USBスティックタイプですので、
ちょうどUSBメモリサイズの、ちいさな端末となりますね。

 

uroadstickメリット

 

URoad-Stickの特長、メリットとしては

パソコンに差し込むだけで、特に設定を入れる必要なく
WiMAX2+でインターネットが利用できる点です。

ゼロインストールに対応しているわけですね。

 

また、パソコンからのUSB給電で駆動するので
バッテリーや電源も必要なく、利用することができます。

 

利用できるモードは、WiMAX2+およびWiMAX
LTEオプション(au4GLTE)は利用できません。

 

URoad-Stickのデメリットとしては

キャリアアグリゲーション導入後の
下り最大220Mbpsには対応していないことがまず1点

あくまで、下り最大110Mbpsでの利用となります。

 

そして、スマートフォンでは利用できませんね。

パソコン、特にノートパソコンを外で利用する場合は
便利なUSBデータ通信カードだとはいえますが

利用できる道具が限られているとなると
ここは、あなたのニーズに合わせた選択が必要でしょう。

 

URoad-Stickは持ち運びノートパソコン専用の
WiMAX2+の端末だと考えればよいでしょうかね。

 

uroadstickパソコン

 

UQコミュニケーションズでは、発売の予定が
2015年1月9日と発表されています。

 

ただし、MVNO各社で販売が始まるかどうか?
現在のところでは、まだ未定となっています。

動きがあれば、再度まとめてみたいと思います。

(URoad-Stickは販売終了となっています。)

コメントを残す