HWD15ハイスピードプラスエリアモード(au4GLTE)利用方法

HWD15ハイスピードプラスエリアモードWiMAX 2+の端末Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
選べる3つのモードが搭載されているんですね。

ここでは、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えて
au4GLTEでネット接続を利用する方法をレビューしてみました。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15は選べる3つのモード

ノーリミットモード
ハイスピードモード
ハイスピードプラスエリアモード

上記3つのモードが搭載されているルーターです。

 

こちらが、実際の操作画面なのですが

 

hwd15操作方法

 

左上の通信モード設定をタップすると

 

hwd15タップ操作

 

3つのモードの切り替えができるわけですね。

 

こちらは、ハイスピードモード(WiMAX/WiMAX2+)が
選択されている画面となります。

デフォルトでは、ハイスピードモードに設定されています。

 

ここで、ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合
真ん中のハイスピードプラスエリアをタップすると

 

hwd15ハイスピードプラスエリアモード

 

こんな、注意書きが表示されます。

 

これは、ハイスピードプラスエリアモードの
au4GLTEを利用した場合は、利用した月に限って

別途1,005円(税抜)かかりますよという注意ですね。

 

うっかり操作を間違えた場合でも
ここで、キャンセルをタップすれば元の操作画面に戻ります。

課金はされませんので大丈夫です(笑)

 

OKをタップすることで

ハイスピードプラスエリアモードの
au4GLTE利用できるようになります。

 

hwd15au4GLTE

 

こちらが、実際にハイスピードプラスエリアモードで
au4GLTEを利用している最中の画面です。

 

左上にLTEの表示、真ん中にHS-Aと表示されていますね。
この、HS-Aがハイスピードプラスエリアモード利用中という表示です。

 

ハイスピードモードを利用中の場合はHS
ノーリミットモードを利用中の場合はNL

このように、利用するモードによって表示が変わります。

 

また、WiMAX2+で接続中の場合はWX2
WiMAXで接続中の場合はWXと表示されます。

今は、au4GLTEを利用していますので
LTEと表示されているわけですね。

 

もう1点補足しておきますが

ハイスピードプラスエリアモードの
WiMAX2+とau4GLTEの合計した通信量が

月に7GBを超えると、月末まで速度が128kbpsに低速制限されます。

 

そして、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかると

ハイスピードモードのWiMAX2+に
切り替えてネット接続を利用した場合でも

速度が制限されていますから注意が必要です。

 

HWD15の操作画面下側に
0GB/7GBと表示されていますが

こちらが、利用した通信量の目安となります。

 

HWD15には、この選べる3つのモードが搭載されていますから、
日本全国の広いエリアでインターネットが利用できるといえます。

 

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合

タッチパネル操作で簡単に利用できますが
上記2点を踏まえた上で上手に使うことが大切ですよ。

 

なお、後継機種として販売中のSpeed Wi-Fi NEXT W05でも

 

W05ハイスピードプラスエリアモード

 

基本的に同様の操作でau4GLTEを利用することができますよ。
(W05ではノーリミットモードは搭載されていません。)

国産端末Speed Wi-Fi NEXT WX04にも
ハイスピードプラスエリアモードが搭載されています。

WX04ハイスピードプラスエリアモード

コメントを残す