HWD15とNAD11を比較!メリットとデメリットをまとめて

HWD15とNAD11を比較WiMAX 2+の端末Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15と
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11を比べてみましょう

両者の特長やメリットとデメリットも知っておきたいですよね。
どちらを選択するか?迷ったら何を基準に選ぶ?

 

hwd15特長

 

こちらが2014年8月発売のルーター
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15です。

ホワイトとレッドの2色が用意されています。

 

こちらの画像のように、HWD14にはなかったクレードルが
HWD15では用意されていることがひとつポイントです。

 

そして、WiMAXハイパワーに対応した点もポイントですね。
WiMAXの電波のキャッチが強化されているんですね。

また、スマートフォンへの給電機能も搭載されています。
サイズや重さは、HWD14とほぼ同じくらいです。

 

利用できるモードも3つ

ノーリミットモード
ハイスピードモード
ハイスピードプラスエリアモード

モードがタッチパネル操作で簡単に切り替えできますから
はじめての端末でも安心ですよ。

 

nad11特長

 

こちらが、2014年6月発売のルーター
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11です。

こちらも画像のように、クレードルも用意されています。
カラーはホワイト・ブラック・レッドの3色があります。

 

HWD15が重さ約140gに対して、NAD11は約81g

さらに薄さが8.2mmのルーターですから、
小型軽量化された点はメリットだといえるでしょう。

 

WiMAXハイパワーにも対応していますし

メーカーはNECプラットフォームズ
メイドインジャパンもひとつのメリットだといえるでしょうね。

 

HWD15と比べて感じるデメリットは
スマートフォンへの給電機能が備わっていないこと

そして、決定的な違いとなりますが
au4GLTEが利用できないことが挙げられます。

NAD11ではLTEオプションが利用できません。

 

NAD11で利用できるモードは

ノーリミットモード
ハイスピードモード

こちらの2つのモードとなるわけですね。
ハイスピードプラスエリアモードがありません。

 

薄くて軽くて持ち運びに便利に作られた点はメリットですが

あなたがau4GLTEの利用を考えている場合は
選択できないルーターとなっちゃいますね。

 

逆に、au4GLTEを特に必要としない
WiMAX/WiMAX2+で充分なあなたには
選択肢のひとつとなるでしょう。

 

ただし、HWD15もクレードル、WiMAXハイパワー
さらに、スマートフォンへの給電機能も備わりましたから

(au4GLTEは使わなければ料金はかかりませんから・・(笑))

プロバイダ各社とも、人気の端末になると思います。

 

逆に、NAD11ではau4GLTEが利用できないので

オプション料金の1,005円(税抜)がかからない
契約から最大2年間は通信制限の心配がない

こう言い換えることもできるわけですよ。

 

あなたが、HWD15か?NAD11か?選択に迷ったとき
大きな基準がLTEオプションの有無にあるといえるでしょう。

つまり、WiMAX 2+エリア外でもネットを利用する場合があるようなら
au4GLTEが使えるHWD15が選択肢に

ただし、LTEオプションは利用月に限り
別途オプション料金として1,005円必要に

行動範囲がほぼWiMAX 2+のエリアで網羅されているならNAD11
このあたり端末選びのヒントになるでしょうね。

コメントを残す