W04とW03の違いは?WX03と比べて選ぶならどっち?

W04・W03・WX03を比較新しい端末が登場すると「どっちがいいの?」と迷っちゃいますが
2月中旬以降新発売となった端末Speed Wi-Fi NEXT W04

そして、前モデルのW03との違いをまとめてみました。
さらに、Speed Wi-Fi NEXT WX03と比べてみてどれを選ぶ?

 

2017年3月より販売開始のSpeed Wi-Fi NEXT W04

 

Speed Wi-Fi NEXT W04メリットは?

 

最大の特長としては東名阪エリアを中心に下り最大440Mbpsに対応
ハイスピードモードのWiMAX 2+で440Mbpsに対応となります。

(2017年10月 追記)
(一部エリアより下り最大558Mbpsに対応となりました。)

メーカーはファーウェイのモバイルルーターです。

 

もうひとつ、LTEオプションとしてハイスピードプラスエリアモード
au4GLTEが利用できることもW04のメリットですね。

ハイスピードプラスエリアモードは下り最大370Mbpsに対応

(2017年10月 追記)
(東名阪一部エリアより下り最大708Mbpsに対応となりました。)

 

ただし、ハイスピードプラスエリアモードは利用月に限り
オプション料金として別途1,005円(税抜)必要になります。

あなたがauのスマートフォンを使っていて
auスマートバリュー mineが適用されているようなら

適用期間はハイスピードプラスエリアモードが無料で利用できますよ。

 

あるいは、WiMAXで3年契約を結ぶと
au4GLTEが無料で使えることが特典となっています。

⇒ Speed Wi-Fi NEXT W04のスペックなどはこちらの記事で

 

そして、前モデルのSpeed Wi-Fi NEXT W03

 

Speed Wi-Fi NEXT W03のメリットは

 

W04と同じくメーカーはファーウェイとなります。

利用できるモードもハイスピードとハイスピードプラスエリア
W03でもau4GLTEを利用することができます。

 

W04と違っている点として、W03は下り最大220Mbpsに対応
ハイスピードモードのWiMAX 2+は最大220Mbpsとなりますよ。

つまり、W04は下り最大440Mbpsがポイント
(東名阪エリアの一部地域から下り最大558Mbps対応)

W03は下り最大220Mbpsとなっていて、ここが違うわけですね。

 

とはいっても、ベストエフォートのサービスとなりますので
実際に理論上の最大速度はどちらの端末とも不可能です。

 

わたしはW03を使っていますが

 

Speed Wi-Fi NEXT W03レビュー

 

下りで20~25Mbpsくらいの速度でだいたい・・でしょうかね。
まぁ、安定してつながってるので不便は感じていませんが。

この記事もWiMAX 2+でアップしてるんですよ(笑)

 

ハイスピードプラスエリアモードは下り最大370Mbpsに対応
利用月に限り別途1,005円(税抜)必要になります。

2017年10月現在、W03はほとんどのMVNOで取り扱いが終了となっています。

W04がメインで販売されていて
ほとんどのMVNOで1番人気の端末となっています。

 

もうひとつ、NECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX03

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03のメリットは?

 

WX03も下り最大440Mbpsに対応している端末となります。

 

利用できるのはハイスピードモードのWiMAX 2+のみ

ハイスピードプラスエリアモードは搭載されていませんので
オプションのau4GLTEを利用することはできません。

WX03はWiMAX 2+専用の端末と覚えておいてくださいね。

また、上記すべての機種でWiMAXは利用できません。

 

⇒ Speed Wi-Fi NEXT WX03のスペックなどはこちらの記事で

 

いずれの端末も液晶ディスプレイが搭載されていて
スマホ感覚でタップで簡単に操作が可能となっています。

はじめてのWiMAX 2+でも安心して使えますよ。

 

W04とWX03の選択に迷ったら、利用できるモード

あなたにau4GLTEが必要かどうか?

ここをまず考えて、端末選びのヒントにしてみるとよいでしょう。

 

WX03はWiMAX 2+専用ですので、あなたがネットを利用する範囲が
すべてWiMAX 2+のサービス提供エリアになっていることがポイントですね。

サービス未提供のエリアではネットが利用できません。

 

W04はau4GLTEが利用できることから、地方にお住まいの方
あるいは、出張や旅行によく出かける方など

要は、WiMAX 2+が圏外のエリアでもネットを使う必要性があるなら
ハイスピードプラスエリアモードが便利になるでしょうかね。

 

ただし、利用月に限り別途オプション料金として1,005円かかるわけです。

(auスマートバリュー mine適用時を除く)
(WiMAX3年契約適用時を除く)

 

WiMAX 2+のルーター選びに迷ったら?W04は、3月にはほとんどのプロバイダで販売がはじまっています。

3月は新入学や新社会人、転勤や単身赴任など
年中で一番異動の多いシーズンとなっていますね。

 

それに合わせてネット接続回線も最大の繁忙期になります。

ですので、WiMAX 2+も2月に新端末を投入してアピール
3日3GBの通信制限から3日10GBに緩和するなど

新規ユーザー獲得に向けて頑張っているわけなんですよね(笑)

⇒ 3月人気のWiMAX 2+プロバイダはこちらの記事で

 

なお、補足ですがホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME L01
こちらも3月以降広く販売がスタートしています。

 

Speed Wi-Fi HOME L01メリットは?

⇒ Speed Wi-Fi HOME L01のスペックなどはこちらの記事で

 

東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応
利用できるのはハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード

L01でもau4GLTEを使うことができます。

 

据え置き型ですので、持ち運びには不向きですが
小規模事務所や店舗、工場など事業所向きかもわかりません。

工事不要でコンセントに差し込むだけで設置が完了
届くとすぐにネットが利用できることがメリットだといえるでしょう。

 

もう一つ補足ですが、2017年11月には
WX03の後継機種Speed Wi-Fi NEXT WX04の販売がスタート

 

Speed Wi-Fi NEXT WX04

 

WX04にはハイスピードプラスエリアモードが搭載されたので
au4GLTEも利用できるようになっていますよ。

コメントを残す