Speed Wi-Fi NEXT W04(下り最大440Mbps対応端末)

Speed Wi-Fi NEXT W04auより新発売のアナウンスがあったSpeed Wi-Fi NEXT W04
1月25日にUQでも取り扱いが発表となりました。

ファーウェイの端末でW03の後継機種となりますね。
最大の特長はWX03と同じく、下り最大440Mbps対応となります。

 

W04のスペックや特長

 

auより新発売のSpeed Wi-Fi NEXT W04
W03の時と同様、UQでも取り扱いが始まりますよ。

WX03と同様に、キャリアアグリゲーションと
4×4MIMOを組み合わせて下り最大440Mbpsに対応

 

W04下り最大440Mbps

 

東名阪エリアを中心に下り最大440Mbpsがスタートとなります。
(一部エリアから下り最大558Mbpsに対応)

その後、順次全国に対応となっています。

 

利用できるモードはハイスピード(WiMAX 2+)
ハイスピードプラスエリア(WiMAX 2+/au4GLTE)

WiMAXは利用できません。

 

ハイスピードモードで下り最大440Mbpsに

ハイスピードプラスエリアモードでは下り最大370Mbps対応
(東京都渋谷駅周辺から主要駅などへ順次)

 

Speed Wi-Fi NEXT W04の基本的なスペックは

 

サイズ:幅130mm×高さ53mm×厚さ14.2mm
重さ:約140グラム

 

連続通信時間:約540分(初期設定時)
連続待受時間:約850時間(初期設定時)

同時接続:最大10台

 

バッテリーの消費が節約できるように

ハイパフォーマンスモード
ノーマルモード(デフォルト)
バッテリーセーブモード

上記3つのモードが搭載され、選択することができますよ。

 

W04バッテリーモード

 

W03と同じく2.4インチの液晶ディスプレイを搭載
スマホ感覚で、タップで簡単に操作が可能となっています。

カラーバリエーションはグリーンとホワイト
auから2017年2月中旬より販売開始となりました。

 

UQおよびMVNO各社でも取り扱いがはじまっています。

なお、2018年1月には後継機種となる
Speed Wi-Fi NEXT W05が登場していますよ。

Speed Wi-Fi NEXT W05

コメントを残す