ポケットwifi/wimax/レンタルwifi情報などまとめて!

WX02とW01の違いを大きく2点!比較してどちらを選べばいいの?

2020年秋現在両端末ともに後継機種が登場!

Speed Wi-Fi NEXT WX06

Speed Wi-Fi NEXT W06

上記2機種がメインで販売されていますよ。

これからもまだまだ新機種が登場することでしょう。

WX02とW01を比較してみると

Speed Wi-Fi NEXT WX02と
Speed Wi-Fi NEXT W01の違いをまとめてみました。

ポイントとしては利用できるモードが違うこと
WiMAX2+へのアクセス方法が違うことの2点でしょうか。

Speed Wi-Fi NEXT WX02

Speed Wi-Fi NEXT WX02の特長

従来までのWX01をマイナーチェンジしたのがWX02
特筆できる点としては日次通信量累計がカウントされて表示

WX02では3日間の通信量を表示

前日までの3日間と本日までの3日間の
使った通信量の目安が表示される点だといえるでしょう。

WiMAX2+は契約先や使っている端末を問わず

直近3日で3GBの通信量を超えると、翌日にかけて速度が制限されるので
この制限を回避するための施策だといえますね。

(現在は3日10GBまで緩和)

一方、こちらはSpeed Wi-Fi NEXT W01

Speed Wi-Fi NEXT W01

WX02とW01の違いはまず利用できるモード

WX02で利用できるのはWiMAX2+とWiMAX
LTEオプションのau4GLTEは利用できません。

一応、WiMAXハイパワーには対応していますが

キャリアアグリゲーションの導入でWiMAXは周波数帯域が縮小
下り最大13.3Mbpsでの利用となっています。

ですのでWX02はもうWiMAX2+専用の端末
こう考えた方が良いのではと管理人は思います。

W01で利用できるのはWiMAX2+とau4GLTE
W01ではWiMAXが利用できません。

ただし、au4GLTEを利用した月に限って
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

ですので、WX02はあなたがネットを使う環境、場所が
WiMAX2+のエリアでカバーされている場合におすすめですね。

都心部向けの端末だといえるでしょうかね。

対してW01はWiMAX2+のエリアでカバーされていない
環境、場所でもネットを使いたい場合おすすめになります。

地方にお住まいの方や出張、旅行によく行かれる方など
au4GLTEも利用できるW01が重宝するかも分かりません。

(ただしオプション料金と7GB制限はありますが・・)

もう1点の違いとしてWiMAX2+へのアクセス方法

WX02は4×4MIMO方式でWiMAX2+にアクセスします。

4×4MIMOとは基地局と端末にそれぞれ

4本ずつのアンテナを搭載して
複数のデータを同時に送受信する技術

W01はキャリアアグリゲーション方式でWiMAX2+にアクセスします。

UQより2015年10月末頃日本全国のほとんどの地域で
キャリアアグリゲーションの導入完了とアナウンスされていますので

W01でも、エリア内なら下り最大220Mbpsが利用できるといえます。

(導入前は下り最大110Mbpsでの利用だったわけですね。)

要は、どちらの端末でも下り最大220Mbpsで使えますが
そのアクセス方法に違いがあるということですね。

選び方のヒントは利用できるモード

あなたにLTEオプションが必要かどうか?
ここをしっかり考えてみるとよいでしょう。

(WX02およびW01ともに販売終了となっています)

wx02 w01
最新情報をチェックしよう!