ポケットwifi/wimax/レンタルwifi情報などまとめて!

Speed Wi-Fi NEXT WX04(ハイスピードプラスエリアモード対応端末)

2017年11月から販売開始の新しい端末となりますね

NECプラットフォームズのSpeed Wi-Fi NEXT WX04
従来モデルWX03の後継機種となります。

WX03との最大の違いとして挙げられるのは
WX04ではハイスピードプラスエリアモードが利用できるんですね。

Speed Wi-Fi NEXT WX04特長

Speed Wi-Fi NEXT WX04特長

NECプラットフォームズ製の端末Speed Wi-Fi NEXT WX04
2017年11月よりリリース開始となっています。

下り最大440Mbps対応端末となりますよ。

従来モデルWX03の後継機種となりますが

ハイスピードプラスエリアモード搭載

WX04ではハイスピードプラスエリアモードが利用できることが
バージョンアップされた部分だといえるでしょう。

オプションのau4GLTEが利用できるわけですね。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードは利用月に限り
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になります。

(auスマートバリュー mine適用時を除く)
(WiMAX3年契約締結時を除く)

Speed Wi-Fi NEXT WX04基本スペック

サイズ:高さ111mm×幅62mm×厚み13.3mm

重さ:約128グラム

連続通信時間:約11.5時間(ノーマルモード)

連続待受時間:約700時間(休止状態)

同時接続:最大10台

バッテリー容量:3200mAh

ビームフォーミング

WX04のもうひとつの特長として
ビームフォーミングが挙げられます。

ビームフォーミング機能とはwifi接続した端末に向けて

WX04ビームフォーミング

電波の指向性を高める技術で、特に室内での接続状態を
強化するための技術が採用されたといえるでしょう。

(端末がビームフォーミングに対応していることが必要)

ダブルウィングアンテナクレードル

WX03の時から好評のwウイングアンテナクレードル

WX04クレードル

WX04でもそのまま踏襲されていますね。

2.4インチ液晶ディスプレイを搭載
カラーバリエーションはアクアブルーとクリアホワイト

従来モデルのWX03は利用できるのがハイスピードモードのみ
つまり、WiMAX 2+専用の端末だったわけですが

WX04ではハイスピードプラスエリアモードを搭載
au4GLTEが利用できることが最大の違いとなります。

なお、後継機種にSpeed Wi-Fi NEXT WX06も登場していますよ。

⇒ WiMAX 2+キャンペーン情報はこちら

wx04
最新情報をチェックしよう!