Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11(NECプラットフォームズ製端末)

wimax端末NAD11WiMAX2+の新しい端末として2014年6月に
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11が新発売となりました。

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14・HWD15との違いや
メリット、デメリットなどまとめてみたいと思います。

(NAD11は販売終了となりました。)

 

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11こちらがWi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11

ホワイトとブラックの2色で新発売となりました。
専用のクレードルも同じく発売されています。

(2014年11月にレッドも追加発売されました)

 

メーカーはNECプラットフォームズですので日本製
メイドインジャパンのWiMAX2+ルーターとなります。

 

Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11の主なスペックとして

サイズ:約109mm×65mm×8.2mm

重さ:約81g

連続待受時間:約500時間

連続通信時間:WiMAX2+を利用時:約420分:WiMAXを利用時:約630分

 

nad11スペック

 

特に、重さが81gで薄さが8.2mmですから
HWD14・HWD15より、かなり小型軽量化されたのが特長です。

 

Wi-Fi対応機器と最大10台まで同時接続可能
休止状態から約8秒でのクイック起動

このあたりも、Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11のポイントです。

 

ひとつ、注意点として、
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11ではau4GLTEが利用できません。
(ハイスピードプラスエリアモードがありません)

つまり、LTEオプションが搭載されていないわけですね。

 

ですから利用できるモードは2つ

ノーリミットモード(WiMAX)と
ハイスピードモード(WiMAX2+)となります。

 

これでWiMAX2+の端末が2種類となったわけですが
au4GLTEを利用するなら、HWD15が選択肢となります。

(別途1,005円(税抜)のオプション料金は必要となりますが・・)

 

特にau4GLTEを希望しないあなたには
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11が新しい選択肢となりましたね。

 

ルーターの選択に迷った場合は
ハイスピードプラスエリアモードの有無が

ひとつ、選択のポイントとなってくるといえるでしょう。

(NAD11は販売終了となっています。)

コメントを残す