novas Home+CA(下り最大220Mbps対応ホームルーター)

ノバホームプラスシーエーシンセイコーポレーションより、URoad-Home2+に次ぐ

新しいホームルーターnovas Home+CAが登場しています。
(ノバホームプラスシーエーと呼びますね。)

下り最大220Mbpsに対応したことが最大のポイントでしょう。
2016年10月7日より販売開始となっています。

 

ノバホームのスペックや特長は

 

メーカーはURoad-Home2+と同じシンセイコーポレーション

この機種はユーロードでの命名ではなく、新しいブランドのノバ
novaとはラテン語で新しい星(新星)という意味のようですよ。

 

URoad-Home2+は下り最大110Mbps対応ですが
novas Home+CAはキャリアアグリゲーションによって

 

ノバホームは下り最大220Mbpsに対応

 

下り最大220Mbpsに対応したことがメリットでしょう。

 

novas Home+CAの基本的なスペックとしては

サイズ:約130mm×69mm×162mm(アンテナ除く)
重さ:約317グラム

 

前機種よりさらに高感度の外付けアンテナが採用され
可動式になっていて、使う環境によって角度が調節できます。

 

最大18台まで同時接続が可能となっていて
有線LANポートが2つとwifiが16台同時接続OK

工事が不要でコンセントに差し込むだけで設置完了

 

自宅や会社でも、家族や社員同士で利用はできますが

ただし、3日10GBの通信制限は対象になりますので
あくまでも使い方を考えて、検討することが大切ですね。

 

UQコミュニケーションズより、10月7日より販売が開始

さらに11月から、メーカーのシンセイコーポレーションでも
novas WiMAX 2+として販売がスタートとなっています。

 

ノバワイマックスでnovas Home+CAを選択すると

アンテナ延長ケーブルがもらえたり
保証期間が1年から2年に延長されますから

novas Home+CAでWiMAX 2+を検討中のあなたは
ノバワイマックスがおすすですよ。

コメントを残す