2017年9月よりWiMAX 2+は下り最大558Mbpsへと高速化

WiMAX受信最大558Mbps9月1日にUQよりアナウンスがありましたが
WiMAX 2+は東名阪エリアの一部から、さらなる高速化!

下り最大558Mbpsの通信速度で利用できるようになりました。

さらに、ハイスピードプラスエリアモードでは
下り最大708Mbpsの速度で通信が利用できるようになっています。

 

WiMAX下り最大558Mbpsへ

 

WiMAX 2+がスタートした当初は下り最大110Mbps
それが、下り最大220Mbpsへとまず高速化されて

2016年の終盤には下り最大440Mbpsへと進化
さらに、2017年9月より下り最大558Mbpsが利用できるようになりました。

 

東名阪エリアの一部より下り最大558Mbpsが利用できます。

具体的には東京・神奈川・愛知・大阪・京都・兵庫の
都心部からのスタートとなっています。

 

下り最大558Mbpsに対応した端末はSpeed Wi-Fi NEXT W04

 

下り最大558MbpsのW04

 

最新のソフトウエアにバージョンアップで利用できますよ。

 

ハイスピードモード利用時に受信最大558Mbpsで

ハイスピードプラスエリアモード利用時は、au4GLTEと
WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションで下り最大708Mbpsが利用できます。

 

どのような仕組みで下り最大558Mbpsに対応したのか?
ちょっとおさらいをしておくと、まず

下り最大440Mbpsはキャリアアグリゲーションと
4×4MIMOを組み合わせて高速化が実現されましたよね。

 

キャリアアグリゲーションとは、複数の電波(キャリア)を
束ねて同時にデータ通信を利用する技術

 

4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)とは
基地局と端末にそれぞれ4本づつのアンテナを搭載して

複数のデータを同時に送受信する技術

この2つを組み合わせて下り最大440Mbpsが実現しました。

 

この2つに、一度に送信できるデータ量を増加できる
256QAM変調方式を組み合わせることで

 

256QAM変調方式とは

 

今回下り最大558Mbpsへと高速化が実現したわけです。

 

さらにハイスピードプラスエリアモードでは
au4GLTEとWiMAX 2+を、キャリアアグリゲーションで束ねて

下り最大708Mbpsが利用できるようになっています。

 

ただし、ベストエフォートでのサービスとなりますので
利用者側でここまでの高速通信は不可能ですけどね。

利用する場所や時間帯によって速度は変動がありますよ。

 

将来的には下り最大1Gbps程度まで
高速化が計画されているようですので

まだまだこれからも進化を続けていくのでしょうね!

コメントを残す