GMOとくとくBB WiMAX2+ 最低利用期間と契約解除料について

GMOとくとくBB WiMAX契約期間GMOとくとくBB WiMAX2+の最低利用期間は
原則24ヶ月間の2年縛りとなっています。

(2019年2月 追記)

GMOとくとくBB WiMAXでは2年契約プランの販売が終了
すべてのキャンペーンが3年契約限定と変更されました。

最低利用期間中、契約更新月以外での解約には
契約解除料が必要となりますで解約は契約更新月に行うことが大切です。

GMOとくとくBB WiMAX 2+最低利用期間

GMOとくとくBB WiMAX契約解除料

こちらは2年契約時の情報となりますが
あなたの端末受け取り月が2017年11月だとします。

2017年11月から2019年の11月(2年間)までの間に解約をすると

2017年11月から2018年11月(1年目)の解約なら19,000円

2018年12月から2019年11月(2年目)の解約なら14,000円

それぞれ契約解除料として必要となります。

2019年12月は契約更新月となりますので
ここでの解約なら契約解除料は必要ありません。

ここであなたが解約をしない(忘れた)場合は
さらに2年間の契約自動更新となります。

2020年1月から2022年11月(3~4年目)に解約をすると
契約解除料として9,500円必要となります。

2022年12月は、二度目の契約更新月となりますので
ここでの解約なら契約解除料は必要ないわけですね。

そして、ここであなたがまた解約しない場合は
さらに2年間の契約自動更新となっちゃいます。

5年目以降もこのサイクルは同じです。

ですから、あなたがデータ端末を受け取った月を把握しておいて
解約をする場合は契約更新月に行うことが大切です。

3年契約を選んだ場合は37ヶ月目が契約更新月となり
解約をしないとさらに3年間の契約自動更新となります。

(2年契約プランはすべて終了となっています。)

GMOとくとくBB WiMAX 2+キャンペーン概要

また、GMOとくとくBB WiMAXでは
複数のキャンペーンが開催されているので

キャンペーンによっては
契約解除料がもっと高額になる場合もあります。

恒例のキャンペーンとして開催されているのは

月額利用料割引

キャッシュバック

上記2通りが人気となっていますね。

どちらも3年契約が特典適用の条件となっています。

GMOとくとくBB WiMAXだけには限らないのですが

ワイマックスは契約更新月以外に解約すると
高い契約解除料の支払いが必要となってきますので

解約は必ず契約更新月に行うと把握しておいてください。

1年縛りのレンタルもスタート

ギガゴリwifi

GMOとくとくBBでは2020年2月より
1年縛りのレンタルとしてギガゴリwifiが登場

ギガゴリwifiはUQワイマックスではなく
ソフトバンク4GLTEエリアでネット接続が利用できるサービスです。

料金プランの選択肢が3通り用意されていて
希望するデータ容量を選んで契約できることが特長ですね。

ただし、契約更新月以外の解約には契約解除料がかかること
解約後は端末の返却が必要になること

この2点はしっかり確認して忘れないようにしてください。

(上記金額はすべて税抜きで表示してあります。)

コメントを残す